COBOL求人・転職コラム

COBOL求人コラム

株式会社COBOLのシステムエンジニア、プログラマーの求人情報、募集、転職、案件情報
COBOL求人サイトの枠線
株式会社COBOLでは技術者を募集しております。
転職ススメ!COBOL企業の今を知り選ばれる人材になろう|求人情報
株式会社COBOLでは技術者を募集しております。
株式会社COBOLでは技術者を募集しております。

COBOL(コボル)企業に転職するために選ばれる人材になるためには

転職するために選ばれる人材

COBOL(コボル)企業の今

COBOL(コボル)は1959年に登場し、半世紀経った今でも大企業の基幹システムや銀行などの金融システムで使われ続けています。COBOLが今でも現役で使われている理由として、長年培ったきたノウハウや計算処理の正確さ、安定して稼働し続けている実績などがあります。

そのため、現在でもCOBOLを扱った求人は多く、数あるプログラミング言語の中でも主要な言語として位置づけされています。

COBOLの求人情報を確認する限り、主な開発案件は金融や証券のシステムであったり、業務で使用する管理システムなどのアプリケーション開発などが多いと言えます。

また、既存のCOBOL資産の保守や改修、リプレース(既存のシステムを入れ替える)の求人も多く見受けられます。

COBOL(コボル)企業に転職するなら今がチャンス!

現在IT業界全体では、人手不足が続いている状況です。

考えられる要因としては高齢化による日本人労働者の減少や、IT業界全体での需要が高まりつつあることが挙げられます。

経済産業省が発表した内容によると、2020年には約29万人の人材が不足すると言われており、深刻な状況となっています。

COBOL技術者人材が不足

出典:経済産業省

COBOLに関しても毎年COBOLの資産が増え続けているのに対して、技術者が減少傾向にあり、将来の影響が懸念されています。

そのため、IT業界では即戦力になるような人材を積極的に採用したり、人材を確保して長く働いてもらうために社内教育制度の充実や働きやすい環境作りに力を入れている企業もあります。

このような人手不足の問題が今後も続くことが予想されている中、以前に比べると、COBOLを含むIT業界全体で転職のハードルは低くなっている傾向にあるようです。

現在、株式会社COBOLでもCOBOL技術者を募集していますので、ぜひHPを参考にしてください。

COBOLソフトウェア開発技術者.net

COBOL(コボル)企業に転職するためには

COBOL(コボル)企業の案件を扱っている企業に転職するためには、業務で通用するためのスキルを身に着けておくことが大切です。

ここでは転職するために最低限必要な知識やスキルについて紹介します。

ITの基礎知識

まったくの他業種からIT業界に転職する場合、IT関連の基礎知識は必須となります。専門用語の理解やプロジェクトの流れ、扱うPCの操作方法などの理解は最低限必要になります。
業務に関する知識は実際に現場に入って覚えることも多いですが、最低限の基礎知識を知っておかなければ業務の指示を理解することが出来ません。基礎がしっかり理解できている方が理解力も高まります。
また、IT業界で働くための基礎知識についてしっかりと理解しておきたいなら、基本情報技術者の資格を取得しておくこともおすすめします。

COBOLプログラムの基礎知識

COBOL企業の案件を扱っている企業に転職するためには、まずCOBOL言語の基礎を理解しておくことは必要です。ここで言う基礎知識とはCOBOLの基本処理、例えばデータの定義方法やファイル操作、並列処理、オブジェクト指向の概念などを指します。
これらの基礎処理を理解して、自分で簡単なプログラミングができるレベルまでにはしておきましょう。

ソースコードの解析能力

実際の開発の現場では、1からプログラミングをすることは少なく、既存のプログラムを改修したり、流用してプログラミングを行う機会が多いと言えます。
そのため、プログラムの内容を理解し、方針を立てて改修・流用箇所を洗い出す作業が必要になります。
どのような処理を行っているか理解できなければ、生産性が落ちるばかりか業務の遂行が困難になります。
ソースコードの内容を理解するには、基本処理の理解はもちろん参考書やインターネット上で公開されているCOBOLプログラムの内容をよく読んで、処理を把握しておくことも大切です。

ドキュメントの作成能力

実際の技術者の仕事はプログラミングだけではなく、より上流の仕事を求められたり、企画書や仕様書などを作成することもあります。
そのため、ドキュメントを作成するためにオフィス製品の使い方についても理解しておいたほうが良いでしょう。また、わかりやすいドキュメントを作成するための基本も身に着けておけば、よりスムーズに仕事を進めることができます。

汎用機や周辺機器についての知識

システムを動かすためにはプログラミングの知識以外にも、システムを導入しているさまざまな汎用機やOS(オペレーティングシステム)、通信機器やデータベースなどの知識も必要になります。
独学でこれらの知識を全て習得しておくことは困難ですし、実際には現場で覚えることも多いので、事前に基礎知識だけでも理解しておくと実際の業務での理解度が深まります。

転職を有利に進めるためには

ここでは、現在のCOBOLを扱っている企業の求人情報や、必要なスキルや知識などについて紹介しました。
上述したとおり、現在IT業界全体で人手不足による人材の確保が課題となっている状況です。
しかし、転職を有利に進めるためには業界未経験でもある程度の知識レベルは求められます。
そのため、ここで紹介したような知識についてはあらかじめ習得しておくことをおすすめします。
COBOLは今後もさまざまなシステムで使われ続けることは間違いありませんので、ぜひ転職を成功させて未来ある業界で働いてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

▲ホームへ戻る  ▲ページトップへ戻る
プライバシーマーク 2019年11月10日 プライバシーマーク更新しました。
Pマーク付与認定番号第21000462(06)号
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! このホームページで使用されているCSS(スタイルシート)・XHTMLは、
W3Cにより、正しい文法で書かれていることが検証されています。
COBOL求人サイトの枠線