COBOLの求人や転職の情報

COBOL求人コラム

株式会社COBOLのシステムエンジニア、プログラマーの求人情報、募集、転職、案件情報
COBOL求人サイトの枠線
株式会社COBOLでは技術者を募集しております。
COBOLが携わるがん保険システム業務の経験談|求人情報
株式会社COBOLでは技術者を募集しております。
株式会社COBOLでは技術者を募集しております。

COBOLが携わるがん保険システム業務の経験談_求人コラム

がん保険の特徴について

がん保険は、その名の通りがんにかかった時の費用の負担をカバーするための保険です。そのためがん以外の病気にかかった時に発生する費用については保障はされません。日本の死亡原因で最も多い病気が「がん」であり、50代を超えたあたりからかかる人の数が伸びる傾向にあります。このため、がんのみに限定されますが、がん保険はどの保険会社でも取り扱われる事が多い保険です。

医療保険と違いがん保険で給付されるお金には大きく4つのものがあります。がんと診断された場合に給付されるがん診断一時金、手術や抗がん剤などのがんの治療を受けた時に給付される治療給付金、がんの治療により入院が必要になった場合に給付されるがん入院給付金、がんの治療で手術を受けた時に給付されるがん手術給付金です。特に特徴的なのががん診断一時金です。

がん診断一時金は、がんと診断された時に支払われる費用になりますので、例えば入院の準備に必要なさまざまな支出や生活費の補填、治療費そのものなど、どんな用途にも使う事ができます。これらの給付金は一般的な医療保険を強化する意味で「がん特約」などで提供されることもあります。このようにがん保険及び医療保険との組み合わせで作られた商品はシステム化されており、私たちは日々その仕組みのサポートをしています。

お客様のかかえる課題

がん保険の商品に関わるお客様は、がんという病気にかかる年齢や人数、傾向などを理解しつつ、保険商品を検討いただくお客様にどう必要性を理解いただけるか、またどういった商品をご提供することで安心感を得ていただけるか、日々検討しています。

例えば先ほどご紹介した通りがん保険は50才を超えたあたりからかかる人の数が伸びる傾向にありました。そのため、20代30代のお客様に対しては例えばどんな病気やケガで入院・手術したときにも給付金を得られる医療保険を提案しつつ、お客様ががんに対する不安が大きいようならがん特約をプラスする事を提案したり、不安が少ないようならその年代に近づいたタイミングでがん保険のご提案を行ったりします。

また、がんの治療にかかる費用は医療技術の進化によっても変わってきます。例えば手術による入院期間よりも実際に通院しながら治療を行うケースも多くなっており、それによって通院治療の保障を商品に追加したということもあります。また、医療保険では入院給付金の支払限度日数があるのが一般的ですが、それらの日数制限をなくしたりするような事もあります。

このようにお客様は世の中の動きや実際の保険適応の実態を把握し、日々商品の見直しや拡充を行っています。私たちはその変化に合わせてシステム開発を実施しています。

お客様の課題に対するシステムの貢献

がん保険に対して、私たちがシステム開発でどのように貢献しているかをご紹介します。先程までご紹介した通りがん保険は医療保険とも密接に関わっており、古くからシステム化が行われています。プログラミング言語はCOBOL言語が使用されており、今尚、新規の機能開発や改修が行われています。

先ほどもご紹介した通り、世の中の動きやそれに伴う保険の見直しに合わせて、それをシステムに反映する作業が主な業務になります。保険商品という特徴から開発を行う機能としては、保険期間、入院した期間、手術の有無、それらを実施した回数により給付金を算出する機能から、その方の保険適用状況などを管理活用できる機能まで様々なお客様の要望に対応しています。

最近ではインターネットを利用して契約や各種手続きなどが行えることも珍しくなくなってきました。これらを既存の保険システムからインターネットサービスに活用できるようにデータを加工編集して情報提供したり、逆に契約手続き情報を保険システムに取り込む機能なども開発しています。また、お客様に実際に契約いただくまでの支援機能として、保険料金をシミュレーションできるような仕組みも作成します。

私たちの職場環境について

日本人の2人に1人は生涯でなんらかのがんにかかると言われていますので、がん保険は身近に感じられる商品であると思いますし、業務についても興味を持って取り組んでいただけるのではないかと思います。また医療保険を始め、様々な保険システムを取り扱っていますので、がん保険だけでなくいろいろな保険分野の業務についても従事いただければと思っています。

分野は変わっても基本的に開発に使用するプログラミング言語はCOBOL言語になります。ですので、がん保険で開発経験していただければ、他の保険商品にも同じような手法で開発を進めていただく事ができると考えています。また基本的には既に開発されたシステムに対して、機能を追加改修するようなイメージになりますので、既存機能のプログラミング内容を確認しながら、開発を進めていっていただけると思います。

また、職場のメンバーはCOBOL言語の経験者が多く揃っていますので、COBOL言語の未経験者でも実際にプログラミングの仕方から業務ノウハウまで幅広く支援できると思います。システムも長年にわたり稼働していますので、長期にわたりご活躍いただける環境になっているのではないかと思います。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

▲ホームへ戻る  ▲ページトップへ戻る
プライバシーマーク 2019年11月10日 プライバシーマーク更新しました。
Pマーク付与認定番号第21000462(06)号
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! このホームページで使用されているCSS(スタイルシート)・XHTMLは、
W3Cにより、正しい文法で書かれていることが検証されています。
COBOL求人サイトの枠線