COBOL求人・転職コラム

COBOL求人コラム

株式会社COBOLのシステムエンジニア、プログラマーの求人情報、募集、転職、案件情報
COBOL求人サイトの枠線
株式会社COBOLでは技術者を募集しております。
COBOLを使用した証券システムの体験談|求人情報
株式会社COBOLでは技術者を募集しております。
株式会社COBOLでは技術者を募集しております。

COBOLを使用した勘定系システムの職業体験

お客様の業務について

まず私たちのお客様である証券会社が取り扱う商品についてご紹介します。証券会社は国内の株式を始め、外国株式、投資信託、債権、金・プラチナ、FX(Foreign Exchange)など様々な商品を取り扱っています。国内株式がわかりやすい商品で、日本国内の会社が株式を発行して株主をつのります。株式発行会社はそこで得た資金で事業を拡大し、株主は株価の変動による売買益や配当金により資産を増やす事ができます。

証券会社の業務は先ほどの国内株式を例にすると、それら株式の売買注文を証券取引所に伝える事で取引を成立させ、仲介手数料をいただくという業務になります。証券会社自身、取引に参加する事もあります。また取引を成立させるためのサポート業務も行います。株式を発行しても、株式を買ってくれる人がいなければ困ります。株式を買ってくれる人を探すというのも証券会社の仕事の1つです。

このように私たちのお客様は、資金調達して事業拡大を考えている人と資金を活用して資産を増やそうとする人を結びつける役割を持っており、それら商品の取引に使用するシステムを提供するのが私たちの仕事になります。

お客様を支える私たちの仕事について

私たちの業務について具体的にご紹介します。証券会社の取り扱う商品は世界中から取引がある事からもわかる通り、リアルタイムで価格が変動する特徴があり、短時間に膨大な量のデータが取り扱われます。これら大量のデータを取り扱うという特徴から、プログラミング言語としてはCOBOL言語が採用されており、長年のシステム取引における信頼性を維持するために、今尚第一線で活用されています。

最近ではインターネット経由の取引が一般的になり、個人投資家のシステム利用も増えています。それに伴い、ETF(Exchange Traded Funds)と呼ばれる日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざした商品や、投資対象先に不動産を組み入れることができる投資信託のREIT(Real Estate Investment Trust)などが注目される事になり、それぞれの商品に対応したシステム開発も行っています。

また、日本国内だけではなく外国株式を始めとした海外との取引も増えてきている状況で、海外の証券会社のシステムとの連携を行うなどの対応も行っています。システム障害が発生すると損失補填につながる事もあるため、設計仕様の確実なプログラムへの反映や、障害等が起きた場合に早期に原因を追求できる仕組み作りをする事がポイントになります。

将来も継続して利用される証券会社の仕組み

日経平均株価が30年ぶりに3万円台に上昇した事や、新規の事業に取り組むベンチャー企業の上場が日々ニュースとして取り上げられている事からも、今後も証券業界への注目は増すばかりです。それに伴い、先ほどご紹介したような新しい商品が次々と販売されたり、今まで取引では難しかった海外諸国との取引に対するニーズが高まる中、継続的なシステムの改善も計画されている状況です。

2014年1月からスタートしている個人投資家のための税制優遇制度であるNISA(少額投資非課税制度)や、同じく2014年1月からスタートしているiDeCo(個人型確定拠出年金)など、資産形成にあたっての税制上の優遇措置なども今後期待でき、仕事が途切れるという心配もありません。

また一方で、同じようにシステム障害もニュースとして取り上げられる事からも信頼性が確保されたシステム作りは重要です。何十年と同じプラットフォーム上で動作している信頼性の高いシステムをいかに今後も維持していく事ができるかが課題でもあります。そういう中で一緒に働けるノウハウのある人材を心待ちにしています。

職場環境について

証券業界に関係する多くのシステムに携わっていますので、ご自身の経験に近い仕組みに携わっていただく事ができます。様々な案件を経験しているメンバーがいますので、業務ノウハウを持つメンバーと協力しながら業務に従事していただけます。

プログラミングはCOBOL言語が中心になりますが、職場メンバーはCOBOL言語に精通したメンバーばかりですので、プログラミングノウハウについても吸収しながら業務を進める事ができます。

必要なスキルはCOBOL言語の基礎知識及び信頼性が求められますので、設計書やCOBOL言語のプログラミングの解析経験や、トラブル時の原因追求などの経験などあればすぐにでも現場でご活躍いただけるのではないかと思います。また、海外の証券会社のシステムとの連携も行われていますので、それら連携仕様等も確認、取りまとめられる方が理想です。

コミュニケーションも取りやすい環境ですので、そういう中で業務を進める事でシステムを理解いただき、共にお客様の業務に貢献していけるメンバーと巡り合えればと思っています。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

▲ホームへ戻る  ▲ページトップへ戻る
プライバシーマーク 2019年11月10日 プライバシーマーク更新しました。
Pマーク付与認定番号第21000462(06)号
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! このホームページで使用されているCSS(スタイルシート)・XHTMLは、
W3Cにより、正しい文法で書かれていることが検証されています。
COBOL求人サイトの枠線